塾に特化した保険とは? 親の不安に対応した保険やそのほかのサービスについて

塾に特化した保険とは? 親の不安に対応した保険やそのほかのサービスについて

今では小学生から高校生まで都会、地方と関係なく塾に通っている子がたくさんいます。そして最近では特に家が離れている保護者の不安はもちろんのこと、子ども本人が安心して通えるように塾に特化した保険があります。

本記事では、家と子どもが通う塾との距離がある保護者の不安に対応している保険とはどのようなサービスを提供しているのか、保険金はどれだけ支払われるのかなどを解説します。さらに保険以外にも保護者に向けた安心できるサービスについてもご紹介します。

塾に特化した保険とは?

保険にも多種多様な保険がありますが、その中でも塾に通う子ども、そして見守っている保護者が安心して通わせることができる保険があります。それが「塾総合保険」という保護者の保険料負担はなく、そして子どもを守るための保険です。

塾での万が一の偶然の事故の場合に「塾総合保険」は、基本的に3つの補償があります。下記では3つの補償について説明していきます。

3つの補償

塾総合保険には3つの補償サービスがついています。

  • 塾の生徒の障害
  • 塾の賠償責任
  • 塾の生徒の賠償責任

上記の補償はどのようなものなのか詳しく説明します。

塾の生徒の障害

塾の生徒の障害とは、塾の生徒が塾まで通うための往復でけがをした場合、あるいは死亡してしまったときの補償です。塾の管理下にある間に生じた事故による損害に保険金が支払われる保険です。塾の授業中や施設内にいる間や、家に帰宅するまでは塾の管理下として適用されます。

さらに、塾が主催する行事などに関しても適用されます。しかし、塾と無関係、あるいは想定外に逸脱した経路で帰宅していたといった場合は適用されないので、注意が必要です。また、有害物質を偶然吸ってしまった場合はけがとして保険が適用されますが、食中毒などには適用されません。

塾の賠償責任

上記は生徒にけがなどの障害が生じた場合ですが、塾の賠償責任とは、塾の経営者が生徒、あるいは第三者をけがや死亡させてしまったときの、法律上の賠償責任を払わなくてはいけない場合に保険金を支払ってくれるものです。

基本的に、塾の設備による偶然の事故や、偶然の事故時による講師の指導ミスといったケースで支払われます。

塾の生徒の賠償責任

塾の生徒が塾でほかの生徒に何かの拍子でけがをさせてしまった場合に、法律上の賠償責任に対する補償となっています。いかなる場合にも適用されるわけではなく、塾のサービスが、スポーツ系、乳幼児、通信教育専門などの場合は適用されません。

3つの補償と賠償責任による保険金の支払いについては、すべて塾の管理下にある場合のみに適用されます。ただ注意が必要なのが、どの保険も故意による事故の場合や、天災からの障害などに関しては適用されないので、事故が起きたときにどういう状況だったのかも大事になってきます。

どんな保険金が支払われるのか? 保険金額は?

塾の生徒の障害の場合は、死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金が支払われます。ただ通院保険の場合、生活に支障がない程度に回復した後は支払いの対象にはなりません。

塾の賠償責任・塾の生徒の賠償責任の場合は下記の保険金が支払われます。

  • 身体賠償事故の場合は治療費や慰謝料など、財物賠償事故の場合は修理費
  • 被害者に対する応急手当などの費用
  • 訴訟になった場合の訴訟費用(保険会社の承認が必要になってきます)

保険金の金額は塾の加入している保険のタイプによっても変わります。だいたいの金額になりますが、塾の賠償責任と塾の生徒の賠償責任の場合は、下記の保険金が支払われます。基本的に生徒の障害事故の場合は、

  • 亡・後遺症障害保険金は入っている保険のタイプにもよりますが、100~200万円です。
  • 入院保険金日額は1,000~2,000円です。
  • 通院保険金日額は500~1,000円です。

賠償事故の場合は、賠償保険金額は1つの事故により2,000万~5,000万円が支払われます。

保険以外にも保護者が安心して通わせられるサービス

上記に挙げた万が一の保険はもちろんのこと、最近では夜遅くに通う子どもが安心して通えるようにセーフティメールといったサービスを提供している塾もあります。ICカードを使い、子どもが塾に入退室したタイミングをメールで連絡できるサービスとなっています。

特に小学生や中学生の場合は、塾が終わった後に迎えに行くタイミングにも使えますし、預ける側としても安心して通わせることができるサービスの一つです。一人で家に帰宅させるには危ない小学生や中学生の子どもを持っている保護者にとっては、入退室を把握できることはとても安心できるサービスといえるでしょう。

まとめ

塾に通わせるにあたって、特に遠くから通わせている保護者として、安心して通わせてあげられることが第一です。だからこそ、塾の保険に特化した「塾総合保険」という保険は塾、そして保護者にとって大事な保険です。

「TIP個別指導」では、上記で詳しく説明した、万が一の事故の場合にも対応してくれる保険、塾総合保険にも加入もしております。保護者もご安心してお預けいただけます。

さらに、入退室を確認できるセーフティメールのサービスや、入塾にあたりカウンセリングも行っているので、通う子どもに適した目標を考えてくれます。また不登校の子や受験など、その子に応じた授業の進め方をいたします。中学受験や学校に通えないけど勉強をしたいケース、子どもを塾に通わせたいけど、どこがいいのかお悩みの保護者のお手伝いをさせていただきますので、気になる方は一度お越しください。